【文春】松本人志の性加害相手はモデル級美女!顔画像は?リークは金目的か・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年12月26日、文春オンラインで松本人志さんに関する報道が入り話題を呼んでいます。

そして、当時松本人志さんからの性的な被害を受けたという女性が多くいるよですね。

いったい、性加害を受けた女性は誰なのでしょうか?また、8年前の話しをなぜ今さらリークしたのでしょうか?

スポンサーリンク
目次

【文春砲】松本人志の性加害報道

内容はこのようなものだそうです。

記事では’15年に『スピードワゴン』小沢一敬(50)から「VIPが来る飲み会」に誘われ、都内の高級ホテルに呼び出された女性が〝ゲーム〟と称しで松本から性的な行為に及ばれたと告白。

引用元;文春オンライン

松本人志さんは、飲み会を「ゲーム」言い換え、性加害を行ったと報じられています。

告発した女性によれば、寝室で松本と2人きりにされると、衣服を全て脱いだ松本に体を密着された。
「俺の子どもを産めや」と何度も繰り返し言われ、合意のない性行為を強いられたと語っている。

引用元:アサ芸プラス

密室でこのようなことが起きたことを想像するだけで恐ろしいですよね。。

では、いったい性加害にあった女性とはどんな方だったのでしょうか?

スポンサーリンク

【文春】松本人志の性加害の被害相手女性A子は誰?

被害に遭った女性についての名前は公表されていません。

しかし、下記のような情報がありました。

・芸能界を目指していた

・モデル並みの美女

では、1つずみてみましょう!

芸能界を目指していた?

週刊文春によると、別に被害に遭った女性も芸能界を目指していたことが明らかにされています。

また、タレントの小沢一敬さんと繋がりがあることからA子さんも芸能関係者の方だった可能性が十分考えられます。

告発したA子さんは、週刊文春の取材に対しこのように語っていました。

「後日知ったことですが、私の友人で、芸能人の玉子だった女性も同じ被害を受けていた。芸能界の権力者である彼の怒りを買うと、どんな仕事上の報復を受けるのかわからず、これまで口を取剤てきた子が数多く存在するのです。」

引用元:週間文春
スポンサーリンク

モデル並みの美女

2009年に結婚した松本人志さんは、それまで多くの熱愛情報を報じられてきました。

・常盤貴子

・優香

・hiro

・一般女性

さらに遊ぶ姿を目撃された一般女性の方もかなりの美女揃いだったことが報じられています。

こちらは白石美帆似の美女

その為、A子さんもかなりの美女なのではないでしょうか?

※追記※

週間文春の取材に応じたA子さんの画像が公開されました。

黒髪ロングヘアで取材時に、華やかな花柄のスカートを履いていたようです。

スポンサーリンク

松本人志の性加害がなぜ今さらリークされた?

事件が起きたのは、2015年の8年前の出来事。

その為「なぜ今さら?」と言った声も多くあるようです。

しかし、やはり「ジャニーズ性加害問題」がかなり影響しているのではないでしょうか?

ネット上では様々な見解がありました。

ジャニーズの告発で勇気をもらった

金ですね。ジャニーズで証拠なしでも証言だけで揺すれると証明されたから

PTSDなどで長年告発できなかった

※活動休止※

1月8日、活動休止を発表されました。

レギュラー番組を多くもつ松本人志さん、今後の番組がどうなるのかも注目されています。

スポンサーリンク

松本人志は全面否定

現在、本人も否定しさらには吉本興業が「法的措置をとる」ことも明かされています。

同社は「8年前となる2015年における女性との性的行為に関する記事が掲載」されたとして、「当該事実は一切なく、本件記事は本件タレントの社会的評価を著しく低下させ、その名誉を毀損するもの」と反論。「新幹線内で執拗に質問・撮影を継続するといった取材態様」だったと取材方法に対しても抗議し、今後法的措置を検討していく予定だとしている。

いったい、真相はどうなのでしょうか・・

スポンサーリンク

まとめ

松本人志さんがどのような対応をとるのか注目が集まっています。

●こちらの記事もどうぞ●

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトをご覧いただきありがとうございます。
運営者のpeacefulです。
東南アジアを中心に海外に住んでいました。在住中、日本のTVが見れなかった為、もっぱらエンタメやトレンドnewsは全てネットで拝借しておりました!いろいろ見たり調べるのが好きなので、皆様に有益な情報をいち早くお届けできるコンテンツにしていきます。

目次